FC2ブログ

いきいきいきよう!

明るく楽しく美しく、生き生き生きるをモットーに、皆さんと情報交換できたら、嬉しいデ~ス。 愛犬キャロもヨロシク!  前記事はhttp://ikiikiikiyou.naganoblog.jp/  since2009年9月5日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

なでしこの父、阿部由晴監督に学ぶ

L1140896 (470x304)
「なでしこの父」阿部由晴監督を囲んで。
倫理法人会のモーニングセミナーにて。前日も、ブライトガーデンで講演をお聞きしました。

なでしこジャパン、そのメンバーを出身高校別に分けると、一番多いのが仙台市の私立常盤木(ときわぎ)学園の卒業生です。同校に阿部が体育教諭として赴任したのは1995年のこと。当時部員はたった5人。その頃から「おまえら、そんなこっちゃ日本一になれねえぞ」と選手を叱咤(しった)していたという。部員が11人になると「そんなんでアメリカや北朝鮮には勝てねえぞ」に変わったと。周りには失笑、冷笑され続けたが、阿部本人は「目標は高ければ高いほどいい」と本気だったそうです。
2002年に全国高校選手権を制すると、以降は優勝争いの常連になり、08、09、11年と全国の頂点に立った。4度の優勝は同選手権の最多記録。

単なる強い女子サッカーチームを作るということよりも、サッカーを通じ、世のため、人の為になる立派な女子を育成したいという、阿部監督の倫理の意識が世界的快挙の原動力だったのですね。有難うございました。

阿部監督の言っていた「スポーツ新聞紙にHな記事はいらない」は、なるほど、そうですね、おかしいです。


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 人物研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<薫り華やぐヱビス | いきいきいきよう! | 雪はごめんです!>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| いきいきいきよう! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。