FC2ブログ

いきいきいきよう!

明るく楽しく美しく、生き生き生きるをモットーに、皆さんと情報交換できたら、嬉しいデ~ス。 愛犬キャロもヨロシク!  前記事はhttp://ikiikiikiyou.naganoblog.jp/  since2009年9月5日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

小説『永遠の0(ゼロ)』

L1140888 (467x700)
映画『永遠の0(ゼロ)』の原作小説を読んでみました。
結構厚いというか、ページ数が多いのですが、短文で読みやすくあっという間に読める本です。
映画は、かなり忠実に描いているという気がしました。但し、作者の主張までくみ取るには本のほうが分かりやすいかもしれません。特攻隊で飛んで行った若者たちの心理状況、本音の部分をしっかり追及してあって考えさせられました。
特攻隊を描いているのでなんとなく右翼なのかと勘違いされそうな気配もありますが、どちらかといえば国家主義より個人主義の話と思います。民衆の命を大事にしていこうという主張ははっきりしていますね。
今一度、あの神風特攻はなんだったのかを考えるいい素材ではあります。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 文学・映画の世界 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<アチの部屋① お部屋飾りのスマホサイトが流行りだそうです | いきいきいきよう! | ひとりボッチで、お留守番頼むねキャロ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| いきいきいきよう! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。