いきいきいきよう!

明るく楽しく美しく、生き生き生きるをモットーに、皆さんと情報交換できたら、嬉しいデ~ス。 愛犬キャロもヨロシク!  前記事はhttp://ikiikiikiyou.naganoblog.jp/  since2009年9月5日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

元祖たこ焼き 会津屋

L1140480 (470x353)
これが元祖たこ焼き。
ソースやマヨネーズをつけないでそのまま食べるのだそうです。
ころもに味がついているのです。

L1140485 (370x278)
左が、たこ焼きのもとになったラジオ焼き。コンニャクが入っています。
会津屋の説明によると、
昭和10年に会津屋初代の遠藤留吉がラヂオ焼きをもとに、大人も喜ぶものをとラヂオ焼に牛肉・コンニャク・豆などを入れて工夫すましたが、いまひとつ評判は芳しくなかったようです。
そんなある日、お客様の「大阪は肉かいな。明石はタコ入れとるで。」の一言がヒントとなり、生地の中にタコを入れ初めて「たこ焼き」と名づけ、たちまち世間の好評を得たんだそうです。
戦後、ソースが開発されこってり味が好まれるようになったのですが、元祖はビールを飲みながら手でつまんで食べられるたこ焼きというコンセプトであったようです。
L1140565 (470x316)
こんな箱入りで、全国発送もしています。

気になった方は、会津屋HPでどうぞ。

会津というだけあって、発案は福島県の方だそうです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 味わい | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<映画 『永遠の0(ゼロ)』 | いきいきいきよう! | 道頓堀川>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| いきいきいきよう! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。