FC2ブログ

いきいきいきよう!

明るく楽しく美しく、生き生き生きるをモットーに、皆さんと情報交換できたら、嬉しいデ~ス。 愛犬キャロもヨロシク!  前記事はhttp://ikiikiikiyou.naganoblog.jp/  since2009年9月5日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

映画 『永遠の0(ゼロ)』

L1140477 (470x353)
先日、『永遠の0(ゼロ)』の映画を観ました。
岡田准一扮するゼロ戦パイロット宮部久蔵のような人物は、実際に多くいたと思います。自分の命を犠牲にして爆弾とともに散っていった特攻隊の若者たちの想いを忘れてはならないですね。

特攻隊過去記事:神風特攻隊の夢 壮絶大西瀧治郎 憂国三島由紀夫

特攻隊というものの意義を考えるいい映画でしたね。
この映画では、特攻隊は、決して強制されたものではなく、自分の意志で参加、拒否出来たという史実が描かれています。自ら ※「十死零生」を選んで逝った隊員たちに尊敬の念を禁じえません。

※「十死零生」は、太平洋戦争の特攻隊員に対して使われた言葉。「特攻」は、陸海空、何処でも自分の命をかけ、爆弾を抱いて敵に飛び込んで行く壮絶な作戦です。そこには、最初から「生き残る」と言う選択肢が無い。「九死に一生」も無く、「零生」。即ち、「生き残る可能性・ゼロ」の意味。

「永遠の0(ゼロ)」を選んだ心境は、、、、

以下参考:特攻隊動画

世界が語る神風特別攻撃隊―カミカゼはなぜ世界で尊敬されるのか
http://youtu.be/buELxe1Wwa4
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 文学・映画の世界 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<宮部久蔵のモデル? | いきいきいきよう! | 元祖たこ焼き 会津屋>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| いきいきいきよう! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。