FC2ブログ

いきいきいきよう!

明るく楽しく美しく、生き生き生きるをモットーに、皆さんと情報交換できたら、嬉しいデ~ス。 愛犬キャロもヨロシク!  前記事はhttp://ikiikiikiyou.naganoblog.jp/  since2009年9月5日

ふぐ鍋コース ながた寿し 大乃国もおススメ?

L1130498 (470x305)
水槽に大きなふぐが泳いでいます。
ながた寿しのふぐ鍋コースで冬の味覚を先週味わいました。
L1130502 (470x314)
あっさりとして、コラーゲンたっぷりのふぐ。
L1130507 (470x314)
てっちり(ふぐ鍋)
L1130517 (470x470)

L1130510 (470x470)
弾力性というか、ぷりぷりしています。
L1130521 (470x470)
てっさ(ふぐの刺身)
L1130525 (470x470)
薄いわりには、こりこりして歯ごたえもあります。
L1130531 (470x470)
てっから?(ふぐのから揚げ)
という言葉はないか。
「てっ」というのは、鉄の促音です。
ふぐは猛毒があるので、当たると死ぬ、ということからふぐのことを鉄砲とよび、略して鉄というのだそうです。
美味しいけども、なんか怖いですねェ~。
L1130533 (470x385)
左手には、反抗期を迎えた大きな「てっ」ちゃんがいます。
L1130536 (470x264)
ふぐ寿司
L1130546 (470x264)
ふぐ雑炊
L1130550 (470x470)
いい味になっています。
L1130557 (470x470) (400x400)
デザートのスマホ?
L1130558 (470x470) (2)
「肉の多い大乃国(にくのおおいおおのくに)」という回文もある大乃国(現・芝田山親方)の写真が飾ってありました。
とってもお相撲さんらしい、まさにパンダのようないい体(220㎏)をしていた大乃国もふぐ鍋コース食べたんでしょうか。さすが食通力士。

大乃国といえば、天下の名勝負がありましたね。
千代の富士53連勝でストップの瞬間(昭和63年九州場所)
http://youtu.be/zr9F6eGWZa0

以下ウィキペディアより解説
大乃国の横綱としての最大の見せ場は1988年11月場所の千秋楽、結果的に昭和時代最後となった結びの大一番で、同場所14日目まで53連勝中だった千代の富士を怒涛の寄り倒しで54連勝目を阻止、歴史的な場面を演出したことだろう。その千秋楽前日の夜、部屋での食事中放駒親方からは「どうせ今のお前じゃ何をやっても勝てないんだから、(千代の富士を)ヒヤッとさせる場面ぐらいは作って来いよ」等と揶揄されるも、逆に大乃国は「連勝記録は俺が絶対に止めてやる!」と闘志に火がついたという。
千秋楽当日の早朝、大乃国は普段より2時間早く稽古場に姿を現して徹底的に対策を行っていた。そして、ついに千代の富士の連勝記録を見事にストップさせた取組の後、報道陣のインタビューに対しては「俺だって横綱だ!」と珍しく声を荒らげた。後日、千代の富士はこの話を聞いて「全然知らなかった。俺はその頃明日は楽勝だと2・3軒飲み歩いていた。あのとき俺の特番の撮影のためにマスコミもいたんだ。どうして教えてくれなかったのか?恨むねぇ」と苦笑いしながら語っていた。

(エピソードおまけ)
入幕後の大乃国は全てガチンコ相撲を通したと言われており、昨今話題となっている大相撲八百長問題とは全く無縁の人と言われ、大相撲ファンからは真の横綱は大乃国と評価されている。
角界きっての食通で、大の甘党。「男が甘党でなぜ悪い!」「甘党男児は誇りを持て!」を持論としている。本人曰く最近は「スイーツ王子」「スイーツおじさん」「スイーツ親方」「キング・オブ・スイーツ」などと呼ばれるという。
以上

歌もうまいし、大乃国はユニークな方です。
「皆さん、このお返しはスイーツで」というセリフを私も使ってみたいですね。


ながた寿し 長野県松本市埋橋2-12-20
       TEL:0263-35-7137
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 味わい | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<2013年亡くなった有名人 追悼⑤ マーガレット・サッチャー | いきいきいきよう! | 2013年亡くなった有名人 追悼④ 島倉千代子>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| いきいきいきよう! |