FC2ブログ

いきいきいきよう!

明るく楽しく美しく、生き生き生きるをモットーに、皆さんと情報交換できたら、嬉しいデ~ス。 愛犬キャロもヨロシク!  前記事はhttp://ikiikiikiyou.naganoblog.jp/  since2009年9月5日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

2013年亡くなった有名人 追悼② ネルソン・マンデラ

mandela-gallery-16-horizontal-gallery.jpg
南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離政策)の撤廃を訴え、じつに27年半、約1万日の獄中闘争を貫いた“人権の闘士”である。12月5日逝去、享年95歳。

mandela-words2 (470x263)

「監獄で27年も過ごせば人生は無駄になったと人は言うかもしれない。だが政治家にとって最も重要なのは、自分の人生をかけた理念がまだ生きているかどうか、その理念が最後には勝利しそうかどうかだ。そして、これまで起きてきた全てのことが、我々の犠牲が無駄ではなかったことを示している」(ネルソン・マンデラ)

(以下JCASTニュースより)
南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領が2013年12月5日亡くなったことを受け、生前会談を行ったことのある(1990年、95年の2度)、創価学会の池田大作名誉会長が追悼コメントを発表した。マンデラ元大統領は「人道と人権の獅子」だったとし、
「あの春風のような笑顔に、もうお会いできないと思うと胸が痛んでなりません。すべての人間の尊厳が輝く社会の建設を目指してマンデラ先生が訴えてこられた魂の叫びは、人類の"導きの星"として、永遠に輝き続けるに違いないと確信しております」
とその功績を称えている。


「人道の旗 正義の道」池田大作
非道なアパルトヘイト(人種隔離政策)と戦い抜いた南アフリカの人権の闘志、ネルソン・マンデラを讃え謳った詩より抜粋


 「空を覆うむら雲も 赫々たる太陽の光を 隠すことはできない
  肉体は くびきに繋がれるとも 不屈の魂を 屈服させることはできない
  誰人にもできはしない」

 「敵をも屈服させる あなたの大きさ 万人をも包みゆく あなたの深さ
  その人類愛の光彩は すべての 人間の中に脈打つ 大いなる実在を
  強く 優しく 輝かせてやまない」

マンデラ
確かに「春風のような笑顔」でしたね。
何事にも負けない人物だからこそ出来る屈託のない爽やかな笑顔です。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 人物研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<冬至かぼちゃは日本産にしましょう! | いきいきいきよう! | やっぱりキャロは炬燵で丸くなるネ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| いきいきいきよう! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。