FC2ブログ

いきいきいきよう!

明るく楽しく美しく、生き生き生きるをモットーに、皆さんと情報交換できたら、嬉しいデ~ス。 愛犬キャロもヨロシク!  前記事はhttp://ikiikiikiyou.naganoblog.jp/  since2009年9月5日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

町会新年会

町会の新年会がありました。地域のコミニュケーションは大事ですね。お世話になります。

スポンサーサイト
別窓 | 酒宴 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

会社新年会

会社の新年会です。幹事の皆さんご苦労様でした。一年またよろしくお願い致します。


別窓 | 酒宴 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

映画 orange

映画orangeが全国放映されています。
松本も観光客増えると( ・∀・) <いいですね。


別窓 | 文学・映画の世界 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

純米にごり酒 冬の銀河 薄井商店


にごり酒は酵母がいきいきいきていて体に良いようです。
ジューシーな旨味。甘ければ甘酒になるかな~?
別窓 | 酒よ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

年賀状の整理


年々増える年賀状の整理にデータ化するといいようです。
どうせなら最初からデータで送る方がいいかも(笑)( ̄▽ ̄)
娘達はもうそうしています!
別窓 | グッズ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

開けましておめでとうございます。


皆様開けましておめでとうございます。
ご来光、ダイヤモンド富士です。
今年は元旦から、暖かく良い天気でしたね。
私の初夢は、宮古島の海だったように思います。エメラルドグリーンの波に揺られて漂うお魚🐟になりました。

一年ほどブログをお休みしていましたので、(*゚ω゚*)ノ忘れられていますか。
('0')/ハイ!
いきいきいきよう!
です。
静かに復活致します。
今年もよろしくお願い申し上げます!
別窓 | 日本の原風景 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ラッパ型蓄音機の調べ

ラッパ型蓄音機
昔懐かしいラッパ型蓄音機です。
今も懐かしい、、、、というのは先日欲しい方にお譲りしてしまいました。
回転テーブル
電源もなく、コンパスの針と同じもので、いろんな音楽が大きな音で再現されるのは、まさに発明でしたね。音の波動に感動します。
銘板
アメリカ、ニュージャージー州にて製造されたもののようですが、詳しいことは分かりません。
第二次大戦後の古き良き好景気時代のものでしょう。

VICTOR TALKING MCH CO.と銘板に記載
ラッパ型蓄音機、 おしゃれなデザインです。
ワンちゃんのニッパー (Nipper)※ イラストの下にHIS MASTERS VOICEと。
本体のサイズ 巾:約35cm x奥行:約41cm x高:約20cm 、ホーン口径:約50 cm、ホーンを含めると高さ約85㎝。
ターンテーブル直径約25cm フエルトあり 
1回の巻き上げで12吋レコード片面掛けられます。(但しそのレコードの状態にもよります)
ターンテーブルの回転音は割合に静かです。
ラッパは大きな音響が出ますが、ラッパ筒は途中で2つに分けられますので、小さい部分のみにすれば夜でもご近所に気兼ねなく楽しめます。

蓄音機鑑賞会を開いたりしてお楽しみました。
電気を通した音でなく、蓄音機でこれだけの音が再生され、音の波動としてのパワーを浴びることで元気も出るものです。

※ニッパー(世界で最も有名な犬)
ニッパーの最初の飼い主は、イギリスの風景画家マーク・ヘンリー・バロウドでした。
1884年、イギリスのブリストルに生まれました。いつも客の脚を噛もうとする事から、"Nipper"(nip=噛む、はさむ)と名づけられました。
ニッパーは、フォックス・テリア系の犬(BBCによればジャック・ラッセル・テリア)でしたが、ブル・テリアの血も少し入っていました。『His Master's Voice』での様子に反しやんちゃな犬で、ニッパー自身からは喧嘩をふっかけたりしないものの、襲ってきた犬には立ち向かい、そしていつも勝っていたといいます。
1887年にご主人のマークが病死したため、ニッパーを引き取った、弟の画家・フランシスが、亡き飼い主・マークの声が聴こえる蓄音機を不思議そうに覗き込むニッパーの姿を描きました。蓄音機から流れる亡くなった主人の声をじっと聴いている姿は感動的ですね。ということで絵の題名は「His Master’s Voice」とつけられました。
永遠定番の名機ですね。
.☆.・∴.・∵☆:*・∵.:*・☆.☆.。.:*,★ :*・∵.:☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜
マリリン・モンローの『帰らざる河』がお気に入りで、何度も聴きました。
ノーリタン、ノーリターン・・・というコーラスが耳に残ります。
人生は、引き戻ることが出来ないので、今を大事にしていきたいものです。
本年もよろしくお願いいたします。

のんびりとブログはアップしますので、気長にまたお付き合い、お楽しみください。



別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| いきいきいきよう! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。