FC2ブログ

いきいきいきよう!

明るく楽しく美しく、生き生き生きるをモットーに、皆さんと情報交換できたら、嬉しいデ~ス。 愛犬キャロもヨロシク!  前記事はhttp://ikiikiikiyou.naganoblog.jp/  since2009年9月5日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

花いっぱいの夏

L1380976 (470x314)
企業でお花畑を作っていくのは大変ですね。
この夏は暑いので水くれもかかせません。
L1380977 (470x314)
従業員が朝早く来て水くれを交代でしている姿が微笑ましいです。
スポンサーサイト
別窓 | 花香る | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

アブにご注意!

L1380970 (470x353)
先日の安曇野100kmライド③ ソバ、大福、ソフトクリームのフルコースで、おそらくアブに食われました。食われたというか、咬まれて血を吸われました。かなり痛かったです。
都会のアブは、花の蜜を吸うくらいのハエみたいなうるさいけど無害というタイプですが、田舎のアブは牛や豚、馬の血を主食にして、吸ったりして生きる吸血アブなんだということが今回分かりました。こちらが攻撃しないのに積極的に向かってくる分には蜂より怖いかも、、、。
アブもカと同じくメスだけが吸血します(どの世界でも女は怖いわけです)が刺すのではなく、鋭い口で皮膚を切り裂いて血を吸うため、噛まれた場合激しい痛みが瞬間的に起こります。しばらくすると中心に赤い出血点や流血、水ぶくれが現れます。その際に唾液腺から毒素を注入するため、吸血直後はそれ程かゆみは感じませんが、翌日以降に患部が通常の2~3倍ほどに赤く膨れ上がり激しい痒みや疼痛、発熱の症状が1~2週間程現れるということです。私の場合は5日間でなんとか引きましたが、かゆかった!です。田舎を走るときは、虫よけスプレーも必要かも。
ちなみに、タムさんは、セミが顔にぶつかってきたそうです。東京から安曇野に来てセミにぶつかる確率は、かなり低いので、セミもビックリこんにちわです。しかし、アブは、アブないです。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

キャロの好き嫌い

L1380810 (470x368)
前にも述べましたが、食いしん坊のキャロにも好き嫌いがあります。
ヨーグルトは好きそうですね。
L1380813 (470x405)
同じく健康に良さそうなオクラですが、、、、厭みたいです。
別窓 | キャロの日常生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

サイトウキネンオペラ 祝小澤征爾さん本格復帰

SKF
サイトウキネンフェスティバルin松本 小澤征爾さん指揮によるオペラ「こどもと魔法」の一場面(サイトウキネン公式HPより)
いつの時代も、「子供は勉強しろ!」と母親に言われるのは嫌でしょうね。勉強嫌いで親に反抗する子供に不思議なことが起こります。

今回のSKFオペラは、モーリス・ラヴェルの2作品、小澤征爾さん指揮の「こどもと魔法」とステファヌ・ドゥネーヴさん指揮の「スペインの時」を上演します。
イザベル・レナードさんが2作の主役を務めますが、純朴な子供役とセクシーな奥様役と正反対の役柄を見事に演じました。その他ベテランから新進気鋭の若手まで実力派キャストが不思議な世界とユーモア溢れる喜劇の世界へと誘います。
L1380966 (353x470)
初演の23日には天皇、皇后両陛下も演奏を鑑賞され、2年ぶりの指揮をする77歳の小澤さんの“本格復帰”に拍手を送られました。いつまでもお元気で頑張ってほしいですね。

L1380968 (470x353)
このホールは、どんなオペラも対応できる舞台です。全国から来られるお客さんや出演者からも高い評価をいただいています。建設当時は、こんな箱モノにお金をかけるなんて、と前の市長さんに対し猛烈な反対運動までおきましたが、今や貴重な財産ですね。
L1380965 (470x353)
いつものサイトウキネンオリジナルワインのサービスがいいですね。酔っぱらって観劇中に眠らないようにご注意ください。
別窓 | イベント | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

安曇野100kmライド③ ソバ、大福、ソフトクリームのフルコース

L1380945 (470x353)
タムさん、万歳!信州は、素晴らしい!
学生時代信州の大学で過ごしていたので、懐かしいようです。
奥様は、松本出身で実家に寄れるので、嬉しいそうです。週末はご夫婦で里帰りもいいですね。
L1380949 (400x300)
信州そば。
L1380956 (400x300)
大福。
L1380959 (470x353)
そしてソフトクリーム、とフルコースの一日でした。

別窓 | ロードバイク | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

安曇野100kmライド② 甘いものパワー

L1380908 (400x267)
東京から、イベントで30人くらいサイクリストが来ていました。ウェアなどオリジナルグッズが充実していますね。
L1380917 (400x267)
タムさん、激坂前にドーピング、栄養補給で、パワー全開です。
L1380921 (470x308)
この大町ダム坂は、短いながら激坂です。
L1380929 (470x434)
大町ダム公園。オウム真理教に殺害された龍彦ちゃんの慰霊碑に手を合わせ、坂本一家のご冥福を祈りました。
龍彦ちゃんを彷彿とさせる泉小太郎像の前で。
L1380941 (225x300)
大町温泉郷の中にある美味しいケーキ屋さん、コンディトライ・アン・マリーレにて甘いもの休憩。
糖分は、即走るパワーになります。
L1380943 (470x353)
若きパティシエ、アンさんのお母さんは、記憶力がすごいです。
私が、モンブランが好きなこと等も覚えていらっしゃいました。
時期になったら、ぜひ期間限定モンブラン食べに、また来ますね。
L1380944 (470x353)
自転車専用のラックがあるのは嬉しいですね。
別窓 | ロードバイク | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

安曇野100kmライド① イノシシ話

L1380864 (470x314)
東京からタムさんが来訪。安曇野100kmライドを一緒に楽しみました。
タムさん(写真中)は、ちょうど2年前、私がはじめてロングライドしたときにお会いした方です。
当時の記事:はじめてのロングライド② ロードバイクで仲間づくり
その後、何度か一緒にサイクリングして、もうすっかりお仲間です。
L1380877 (470x314)
快調に走る100Rideミツさん。
L1380885 (470x314)
松川村のトントンさんで、ひと休憩。
いろいろと温かいおもてなしをしてくれて嬉しいお店です。
L1380887 (400x267)
このお餅が柔らかくて美味しいこと!
L1380895 (400x267)
娘さんがにこにことお話に加わり、見てみて!イノシシがとれたのよ!
L1380896 (167x200)
イノシシステーキは格別美味しいんだとか。
L1380897 (470x314)
クマも食べるんですか!
いいえ、絶滅危惧のクマは、森に帰すので迷惑らしいです。
L1380898 (470x327)
もち、という字がいいですね。
L1380900 (400x267)
この家のホワイトドッグは、人懐こく、会話も、、、。
別窓 | ロードバイク | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

夏バテ防止に、うな丼

L1380858 (470x314)
今年は、うなぎの価格がうなぎ登りですね。
専門店では、なかなか食べれないこの頃ですが、くら寿司のうな丼は税込598円。
有難いですね。
それでも、一こと言われます。
「パパ、その分は自腹でお願いします」

別窓 | 味わい | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

すだち酒

L1380857 (200x300)
徳島の友人にいただいた「すだち酒」を飲んでみました。
ちょっと酸っぱいお酒です。「すだち」の酸味は、クエン酸の宝庫といいます。疲労物質乳酸を解消してくれるそうですので、スポーツの後にはとてもいいですね。
別窓 | 酒よ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

クライミング

L1380835 (470x314)
先週日曜日、近郊の岩壁で、クライミングの訓練をしてもらいました。
L1380823 (470x436)
ロープで確保されているので、いざという時は安心です。が、ちょっとスリリングです。
クライミングにはまる人の気持ちがよく分かりました。非常に、奥行きがあり面白いのです。
別窓 | 岳・マウンテン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

男の料理① トリ丸

L1380705 (470x436)
男の料理、おおざっぱで豪快、テキトーながら、おいしい、を目指しています。
トリ丸をダッチオーブンで蒸し焼きにしてみました。
L1100452 (470x264)
食材は、鶏の丸ごと(トリ丸)、ネギ、ニンニク、ピーマン、レモン、ローズマリー、エノキ、シメジ。
L1100453 (470x470)
トリ丸の中抜きのお腹に、みじん切りした材料を突っ込みます。オレンジマーマレードを甘味つけに大さじ一杯。
L1100460 (300x300)
ガーリックパウダーとオリーブオイルをかけて、蓋をして40分。
弱火~中火でゆっくりと温めます。
キャンプだと、炭などでやりますが、家の場合は、IHヒーターでもOKです。
L1100463 (470x402)
鶏肉自体からの油も出て、循環します。
いい焦げ目もついて、柔らかく焼きあがりました。
別窓 | 男の料理 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

クーラー 霧ヶ峰

L1100409 (470x314)
長年クーラーなしで過ごしてきましたが、キャロも年をとるし、つらそうなので、エアコンを入れることにしました。
定番、霧ヶ峰です。霧ヶ峰グランフォンドを思い出しますね。

過去記事:霧ヶ峰グランフォンド③ 動画編 

L1100411 (470x470) (400x400)
おかげさまでキャロも調子よく、寝ています。
別窓 | グッズ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ワンコも仰向けで寝たいの

L1380745 (470x298)
なあに?

キャロが、自分でバックに座り込んで、頭を上にして寝ていました。仰向けも気楽なんですね。
別窓 | キャロの日常生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

松本サマーフェストでカンパイ!

L1380775 (470x314)
松本サマーフェストが始まりました。今年は、「花時計公園」です。ドイツビールをベースとした食の祭典「オクトーバーフェスト」ということで、6回目だそうです。
2013年8月17日(土)~27日(火)11日間です。
気の合った仲間とぜひ、お出かけください。
こんな大きなグラスサービスもあります。
L1380779 (470x314)
HMaudioの星野さんもお子さんと乾杯です。
L1380792 (470x314)
いろんなビールの味わいが楽しめます。
L1380795 (470x375) (400x319)
まだまだ残暑厳しいです。
夕涼みを兼ねて、また期間中に来たいですね。
別窓 | 味わい | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

アートフェスティバルin清水高原2013 HMaudio出品

L1380756 (470x314)
アートフェスティバルin清水高原2013では、今年独立開業された星野さんのHMaudioも展示されていました。

HMaudio過去記事:↓
手づくりオーディオ HM-audio
レコード盤 カーペンターズ
浪漫の森キャンプ場2
ノースランド・キャンパーズ・ビレッジ① 幌馬車キャビン

L1380754 (470x314)
シンプル・イズ・ベスト、音源を忠実に再現する優れもの。タイプはいろいろあります。
L1380759 (470x314)
皆、聞き惚れて座り込んでしまいます。
別窓 | 音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

海水浴 わん宿③ 人魚伝説

L1100074 (470x264)
鵜の浜には、人魚伝説があります。

以下鵜の浜どっとこむ - 人魚伝説より転載

むかし、とおくに佐渡ヶ島が見える雁子浜という小さな村(今は大潟町)に、明神さまのおやしろがあった。夜になると、漁師たちのあげるたくさんのろうそくの火が、あら海をこえて、佐渡ヶ島からも見えたそうな。この雁子浜に、ひとりの若者が、母親とふたりでくらしておった。

あるとき若者は、用があって佐渡ヶ島に渡り、ひとりの美しいむすめと知りあった。むすめは、色が白く、ゆたかな黒かみは、つやつやとひかり、しおの香をふくんでいた。まるで、北の海にすむという人魚かとおもうほどであったと。ふたりは、すっかりしたしくなって、人目をしのんでかたりあうようになった。けれどもまもなく、用がすんだ若者は、むすめをのこして雁子浜へかえっていった。

佐渡のむすめの若者をしたう心は、それはもうはげしかった。ある夜、むすめは、若者にあいたいいっしんに、とうとう、たらい舟にのって、あら海にこぎだした。雁子浜の明神さまのあかりを目あてになあ。

若者も、佐渡のむすめが夜の夜中に、たらい舟にのって、いのちがけであいにきてくれたことを、どんなによろこんだことか。けれど、夜はみじかい。ふたりのかたりあえるのは、ほんのわずかだった。一ばんどりがなくころには、むすめは、なごりをおしみながら、佐渡ヶ島にもどらねばならなかった。

こうして佐渡のむすめは、まい晩、たらい舟であら海をのりきって、雁子浜にやってくるようになったと。若者は、風のつよい日は、むすめが目あてにしている明神さまのあかりがきえないように、まもりつづけていたそうな。

ところで、若者には、母親のきめた、いいなずけのむすめがおった。

ある日の夕方、そのいいなずけが、両親といっしょに若者の家にたずねてきた。そして、その晩はとまっていくことになったと。若者は、気が気でない。佐渡のむすめとあうやくそくの時刻になると、そっと家をぬけだして、海辺へはしろうとした。すると、母親がおってきて、「おまえ、今夜も浜へいくのかえ。」と、とがめた。

若者は、へんじにこまった。佐渡のむすめのことは、だれにもないしょにしておった。ところが、「おっかあは、ちゃんと知ってるよ。おまえに、なかのいいむすめのいることをさ。わかいもんどうしのことだから、いままでだまって見ておったが、今夜だけは、いかんでくれ、な。」と、ひきとめた。

「おまえと夫婦になる日をまちこがれている、いいなずけのことを、ふびんとはおもわないのかね。さあ、家にはいっておくれ。このとおりだよ。」母は、そういって、手をあわせる。

さすがに若者も、母のたのみをけって、浜辺へいくことはできなかった。(今夜ひと晩くらいいかなくても、あしたになれば、またあえるのだ。佐渡のむすめも、おらがいなければ、かえってゆくだろ。)と、若者は、しかたなく家にもどったと。

夜がふけて、風がでてきた。その風が、だんだんつよくなってくる。若者は、明神さまのあかりが気がかりになった。(けども、いままでだって、あかりがみんなきえてしまったためしはないし。)と、若者は、むりやりじぶんの心にいいきかせておった。

やがて、夜があけた。若者は、もうじっとしていられず、むちゅうで浜辺へはしった。

朝の海は、ゆうべの風もおさまって、波もない。日の光にかがやいている。 海辺には、早おきの村人が五、六人、波うちぎわにあつまっていた。

 「かわいそうになあ。こんなわかい、きりょうよしのむすめがのう。」

 「まるで、人魚みたいらて。」

 「ゆうべは、明神さまのあかりが、すっかりきえてしまったからのう。」

 「なしてまた、夜の海になど、でたもんかのう。」

若者が、村人たちのそばへいってみると、波うちぎわによこたわっているのは、あの佐渡のむすめの、かわりはてたすがたであった。つやつやとゆたかであった黒かみも、いまはみだれて、白い、ろうのような顔にふりかかっていた。

若者は、たましいがぬけたようになって家へもどったが、その夜おそく、海へ身をなげてしまったと。
村人たちは、ふたりを明神さまのちかくに手あつくほうむり、塚をたてた。
だれが名をつけたのか、その塚は、いつとはなしに<人魚塚>とよばれるようになった。

とおく佐渡ヶ島の見える雁子浜の丘に、人魚塚は、いまもひっそりと立っている。

以上

悲しい伝説ですが、佐渡からたらい舟にのってくるなんて凄いですね。恋は一途、ありうる話かも。
別窓 | レジャー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

海水浴 わん宿② 海の幸

L1100018 (470x275)
海の宿は、鮮魚の御造りなど沢山出て、嬉しいです。
キャロは、観てるだけですが同席できました。
L1100010 (470x470)
いろんな海の幸が出ました。
L1100017 (470x314)
カニが出ると、みんな黙黙と食べる日本人です。
L1100022 (470x360)
L1100032 (470x353)
L1100052 (470x353)
L1100063 (470x439)
意外に、キャロはカニお嫌いなようです。
別窓 | レジャー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

海水浴 わん宿① 鵜の浜海岸海日和

L1090981 (470x383)
新潟の海に来ました。
キャロは、旅館でお留守番です。
メインの海水浴区域は、さすがにワンコ禁止です。
この旅館は、わん宿というだけあって、ワンコOKです。
L1090955 (470x314)
次女クーと、そのお友達メグを連れてきました。
クーは、幼少時この海岸で迷子になって、もうどこへ行ったかと思ったら、カップルの真ん中で手をつないでもらって、意気揚々歩いてきました。やはりマイペースです。
L1090959 (470x314)
私は、缶チューハイでも飲んで、のんびりと、、、。
L1090987 (470x437)
暑いときは、かき氷に限ります。
これは、白くま苺。
L1090991 (470x411)
キャロの分はちょっと残してあげます。
別窓 | レジャー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

夏休み お出かけが楽しみなキャロ

L1090936 (470x353)
明日からお休みで、出かけます。
キャロの携帯バックを出すと喜んで、入ります。
ワンコの記憶力はすごいですね。

L1090941 (470x439)
今日は、ここで寝るよ。
別窓 | キャロの日常生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

松本フォトアカデミー『麗しの大地』写真展開催中!

L1090929 (470x264)
松本市美術館で、松本フォトアカデミー、『麗しの大地』写真展が開かれています。
L1090931 (470x353)
ライチョウさんたちが可愛いですね。
L1090932 (470x353)
見事な紅葉です。
L1090933 (470x353)
写真集も、通巻17号目。
17年間も続いているということはすごいですね。
別窓 | 写真・カメラ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

松本は、最後の重要な軍需飛行場であった!

L1090920 (434x470)
戦時中、松本市内にあった陸軍松本飛行場の施設構成が、市空港図書館(松本市今井)の調査で明らかになりました。未舗装の滑走路の脇に六つの格納庫や軍需工場、兵舎などが立ち並び、柵で囲われていました。これまで格納庫の位置などしか分かっていませんでしたが、運用状況も含め解明が進みました。配置を再現した絵図を、同館で8月25日まで企画展

「旧陸軍空541部隊と松本飛行場」

で公開しています。
同飛行場は1943(昭和18)年以降、同市笹賀、神林、今井にまたがる200ヘクタール余に建設され、約1300メートル四方のほぼ正方形をしていました。45年には特攻隊が駐留し、沖縄戦に向けて九州へ飛び立ったことが分かっています。
市空港図書館の川村修館長が昨春から、当時を知る人に聞き取り調査をし、格納庫や滑走路の位置などが分かり、一般公開されている48年撮影の航空写真を基に、父親が飛行場に勤務していて一緒に敷地内を巡回したという元高校美術教員古町茂さんが、45年4月時点の絵図を作製し分かりやすく再現しています。
飛行場建設現場の陸軍航空本部経理部松本工事本部に勤めていた藤牧吉重さんら大勢の人が川村さんの調査聴き取りに応じたそうです。
また、離着陸の邪魔になるため移転させられた家に住んでいた男性の証言も得たそうです。
半地下式の兵舎や軍需工場、操縦模擬練習講堂、食堂などの位置が判明し、防火用池、排水路の他、現在のアルウィン近くに労働者のバラックが何棟もあったそうです。
飛行場には零式艦上戦闘機(ゼロ戦)や重爆撃機「飛龍」、「赤とんぼ」と呼ばれた練習機などが100機以上あったそうです。篠ノ井線村井駅から牛車で翼や発動機を運んだようです。終戦の際、全ての飛行機が焼き払われてしまいました。どこかに丸ごと埋められている可能性もあります。
川村館長は「陸軍松本飛行場に関わった方は高齢で、聞き取りも限界が近い。建物の位置が分かりやすい絵図は現実味が湧く。企画展を通じ、より多くの手掛かりが得られればいい」と期待しています。
(参考:信濃毎日新聞記事)

当時のパイロットが使ったパラシュートなども展示されていて、生々しい戦争体験がよみがえります。空港図書館だけあって、航空機に関する書籍が充実しています。特攻隊に関する情報も多く興味を引きますね。
松本空港周辺には、かつて軍需飛行場であった名残りが残っています。戦争末期、松代に大本営が造成され、航空機を制作していた名古屋の三菱重工が全部松本に疎開してきて、最後の砦として期待されていたのでしょう。
別窓 | グローバル・ピース | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

キャロ夏バテ。

L1090891 (470x470)
キャロもついに夏バテです。
L1090925 (300x400)
大丈夫?
家にクーラーが今まで無かったのですが、くったりしたキャロがかわいそうなのでこの夏ついに購入することにしました。まだ、数日工事までかかりますが。もう少し待っててね、キャロ。
別窓 | キャロの日常生活 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

歌と語りで綴る引き揚げものがたり

L1090906 (470x314)
満州開拓団、少年義勇軍の逃避行を4人の証言と、3人の歌で。
想い出すのもつらい体験で、それぞれが多くを語らずに生きてきたことと思いますが、高齢化し、今語り継がねば、歴史に何も残りません。
L1090908 (470x470)
幼い兄弟を失った悲しみを伝える夫人。
L1090911 (470x314)
自作「満州」を歌う白木さん。
白木さんのお母さんは、満州を命からがら引き上げる際、背中におぶっていた子が息をたえ、ご主人はシベリア送りで、、、と悲惨な体験。あまり語らなかった辛い思い出を歌にして、その想いを継承。
L1090912 (470x314)
母子が当たり前に一緒に暮らす幸せを奪われた壮絶な時代を私たちは忘れてはなりません。20万人以上もの方が帰国することが出来ずに亡くなったそうです。残留孤児という悲劇、いまだ再会できずにいる母子も多いと聞きます。特に、終戦記念の8月、お盆は戦争を振り返るべき月ですね。

参考前記事:信州葫蘆(コロ)島の友の会記事と葫蘆島について
別窓 | 日中友好 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ワンコインランチ 小松家

L1090591 (470x289)
小松家カレー。
L1090854 (470x386)
まぐろ丼。
それぞれサラダ、クリームソーダや珈琲など飲み物ついて、ワンコイン。
500円。
500円では、味に文句言えない立場ですが、どれも嬉しいおいしさです。
L1090600 (470x314)
外から見れば、普通の住宅。
ビールの看板がなければ、普通の住宅です。
場所も住宅地の中なので、説明しにくいところです。
L1090585 (470x314)
花のお庭がきれいでした。
別窓 | 味わい | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

町会納涼祭

L1090813 (470x353)
先週日曜日は、町会の納涼祭でした。
南京玉すだれのショーです。
L1090820 (470x353)
かき氷や、綿あめを出します。
L1090836 (470x353)
落とさないでね。
L1090821 (470x353)
水風船釣り。
L1090829 (470x353)
焼きそばを作る人は、熱くて大変でした。
L1090830 (328x400)
願い事かなうかな。
L1090843 (470x325)
スイカ割り。
L1090845 (400x359)
割りすぎだあ!
別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

蓮華と城

L1090776 (470x446)
松本城のお堀端の蓮の花が満開です。
L1090785 (470x470)
花が開くとき、ぱくりぱくりと音がする、というのはイメージで、実際は音はでません。
泥の中からこんなきれいなお花が咲くのは、妙ですね。
L1090783 (470x470)
蓮華は暑い夏にも凛として、お城に映えますね。
別窓 | 花香る | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

松本ぼんぼん明けの市街ポタリング

L1090719 (300x200)
松本ぼんぼんで、自転車のカギを落としたので、朝早く起きて探しに行きました。
ありました!
L1090730 (470x314)
さすが、花いっぱいの街松本。
そういえば、フランスのシャモニーの橋もこんな感じで花いっぱいでした。
L1090734 (355x237)
朝早くから、早速清掃車が活躍です。
L1090736 (355x310)
こんなにゴミが、、、。
さすが、松本ぼんぼん明け。
L1090742 (470x314)
第一会館は、市の開発で閉店するそうです。
松本城を見ながらのビアガーデンは、今年限りですね。
L1090746 (470x314)
このコンビニのデザインはOKです。
そういえば、中国の西安では、どんなビルでも屋根に瓦がのっていました。
その地に合う景観づくりが大事です。
L1090753 (200x300)
今月号のサイクルスポーツのおまけ。
意外とありそうでない、自転車用小物入れ。
携帯、スマホ、小銭入れにいいです。
L1090762 (470x314)
今日もいい天気ですね。
カギを落としたことで、ポタリング※できました。

※ポタリング(pottering)とは、自転車又はオートバイであちこちを気楽にぶらつく和製英語である。自転車を用いる「散歩」的なサイクリングをいう。(ウィキペディアより)
別窓 | ロードバイク | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

松本ぼんぼん 松本日中友好連登場!

L1090664 (470x314)
松本日中友好連として今年は初めて松本ぼんぼんに参加しました。
昨年までは、信州青年の船の連に便乗の参加でしたが、単独で出ました。
30名を超える参加者を集めることが出来ましたが、実会員は少数で、大半は中国の留学生や相沢病院の研修生でした。来年は、正会員の皆様も大勢参加を望みます。
L1090686 (470x461)
日中友好キャンプやスキーに参加してくれている中国の方々、ご参加有難うございました。
L1090676 (400x298)
可愛い! 将来は国際的モデルかな。
L1090654 (251x400)
赤ちゃんも遅くまでご苦労様。
L1090682 (470x286)
日中友好バンザイ!
一部の心無い政治家や、戦争推進派の人々の策略に乗らないで、皆で世界平和を目指そう。

http://youtu.be/4_NGoi2VXc4

昔は、松本ぼんぼんの曲が、ただ明るいだけで盆の情緒がないのでつまんないと思っていましたが、ただひたすら明るいというのも、元気が出ていいかも、と思えるようになってきました。一年間、このリズムは耳に残りますね。夏の充電と言えるかもしれません。^~^/
別窓 | 日中友好 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

もう、悲しみはおしまい、松田直樹に感謝!

L1090566 (470x314)
8月3日は、松田直樹の命日です。
前日、追悼3回目のメモリアルゲームが、行われました。
1回目は、横浜のニッサンスタジアム、2回目は、故郷群馬で。

過去記事参照:松田直樹メモリアル

そして今回、松本アルウィン。
L1090569 (194x300)
途中、応援席に突然のら猫が訪れました。
ひっとして、直樹?
L1090560 (355x230)
フォーエバー3、山賊焼きバーガー
L1110555 (246x300)
反町康治監督がナオキフレンズの一員として後半途中にプレーしました。
昨季限りで現役を退いた中山雅史選手や名波浩選手、城彰二選手、久保竜彦選手ら、かつてのチームメートやライバルが「ナオキフレンズ」を結成。松本山雅の23歳以下の選手と30分ハーフの試合を行いました。松本山雅で共にプレーした片山真人さんのゴールでナオキフレンズが1―0で勝利。
L1110553 (470x352)
反町監督にボールが集中。
なぜか、何度も松本山雅チームにパスをしてしまいます。
L1110572 (470x353)

松本山雅で共にプレーしナオキフレンズの側で出た片山真人選手のゴールで、ナオキフレンズが1―0で勝利。
勝ち負けは、あまり関係なくこういうエキシビションゲームは、また楽しいですね。
松田直樹のお姉さんが、お礼のご挨拶。
L1110575 (234x300)
一般社団法人「松田直樹メモリアル」財団代表理事の安永聡太郎さんは
「もう君がいないことを悲しむのをやめ、新しい仲間との出会いを見つけるために進んでいこうと思う」と。
6300名を超える観衆、同感の拍手。
L1110583 (470x353)
俺たちと、この街で、いつまでも~♪
いつまでも、直樹コールがやみませんでした。

http://youtu.be/b24kGyRd7Xg

直樹コールを聞くと、元気がでますね。
ゴン中山選手もありがとう!
別窓 | サッカー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

霧ヶ峰グランフォンド③ 動画編 試乗気分をどうぞ!

L1090527 (470x264)

http://youtu.be/gkfqNnUR3Es

霧ヶ峰グランフォンドを動画で収録しました。貴方の目線で、走っている気分を満喫できます。

L1090513 (400x267)
これを飲んだせいか、筋肉痛になりませんでした。梅干しはいいですね!

コース


↓こちらは、動かせます。


スタート・ゴール場所
長野県松本市美須々
距離
138.9km
最大標高差
1207m
平均斜度
全体:0%
上り:4.3%
下り:4.6%
獲得標高
上り:2192m
下り:2189m
想定所要時間
自転車:9時間15分

ルート作成:100Rideさん
http://blogs.yahoo.co.jp/l226voice/11710302.html
信州松本 ひとり自転車Club 活動日誌
別窓 | ロードバイク | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| いきいきいきよう! | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。