いきいきいきよう!

明るく楽しく美しく、生き生き生きるをモットーに、皆さんと情報交換できたら、嬉しいデ~ス。 愛犬キャロもヨロシク!  前記事はhttp://ikiikiikiyou.naganoblog.jp/  since2009年9月5日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

海水浴 わん宿③ 人魚伝説

L1100074 (470x264)
鵜の浜には、人魚伝説があります。

以下鵜の浜どっとこむ - 人魚伝説より転載

むかし、とおくに佐渡ヶ島が見える雁子浜という小さな村(今は大潟町)に、明神さまのおやしろがあった。夜になると、漁師たちのあげるたくさんのろうそくの火が、あら海をこえて、佐渡ヶ島からも見えたそうな。この雁子浜に、ひとりの若者が、母親とふたりでくらしておった。

あるとき若者は、用があって佐渡ヶ島に渡り、ひとりの美しいむすめと知りあった。むすめは、色が白く、ゆたかな黒かみは、つやつやとひかり、しおの香をふくんでいた。まるで、北の海にすむという人魚かとおもうほどであったと。ふたりは、すっかりしたしくなって、人目をしのんでかたりあうようになった。けれどもまもなく、用がすんだ若者は、むすめをのこして雁子浜へかえっていった。

佐渡のむすめの若者をしたう心は、それはもうはげしかった。ある夜、むすめは、若者にあいたいいっしんに、とうとう、たらい舟にのって、あら海にこぎだした。雁子浜の明神さまのあかりを目あてになあ。

若者も、佐渡のむすめが夜の夜中に、たらい舟にのって、いのちがけであいにきてくれたことを、どんなによろこんだことか。けれど、夜はみじかい。ふたりのかたりあえるのは、ほんのわずかだった。一ばんどりがなくころには、むすめは、なごりをおしみながら、佐渡ヶ島にもどらねばならなかった。

こうして佐渡のむすめは、まい晩、たらい舟であら海をのりきって、雁子浜にやってくるようになったと。若者は、風のつよい日は、むすめが目あてにしている明神さまのあかりがきえないように、まもりつづけていたそうな。

ところで、若者には、母親のきめた、いいなずけのむすめがおった。

ある日の夕方、そのいいなずけが、両親といっしょに若者の家にたずねてきた。そして、その晩はとまっていくことになったと。若者は、気が気でない。佐渡のむすめとあうやくそくの時刻になると、そっと家をぬけだして、海辺へはしろうとした。すると、母親がおってきて、「おまえ、今夜も浜へいくのかえ。」と、とがめた。

若者は、へんじにこまった。佐渡のむすめのことは、だれにもないしょにしておった。ところが、「おっかあは、ちゃんと知ってるよ。おまえに、なかのいいむすめのいることをさ。わかいもんどうしのことだから、いままでだまって見ておったが、今夜だけは、いかんでくれ、な。」と、ひきとめた。

「おまえと夫婦になる日をまちこがれている、いいなずけのことを、ふびんとはおもわないのかね。さあ、家にはいっておくれ。このとおりだよ。」母は、そういって、手をあわせる。

さすがに若者も、母のたのみをけって、浜辺へいくことはできなかった。(今夜ひと晩くらいいかなくても、あしたになれば、またあえるのだ。佐渡のむすめも、おらがいなければ、かえってゆくだろ。)と、若者は、しかたなく家にもどったと。

夜がふけて、風がでてきた。その風が、だんだんつよくなってくる。若者は、明神さまのあかりが気がかりになった。(けども、いままでだって、あかりがみんなきえてしまったためしはないし。)と、若者は、むりやりじぶんの心にいいきかせておった。

やがて、夜があけた。若者は、もうじっとしていられず、むちゅうで浜辺へはしった。

朝の海は、ゆうべの風もおさまって、波もない。日の光にかがやいている。 海辺には、早おきの村人が五、六人、波うちぎわにあつまっていた。

 「かわいそうになあ。こんなわかい、きりょうよしのむすめがのう。」

 「まるで、人魚みたいらて。」

 「ゆうべは、明神さまのあかりが、すっかりきえてしまったからのう。」

 「なしてまた、夜の海になど、でたもんかのう。」

若者が、村人たちのそばへいってみると、波うちぎわによこたわっているのは、あの佐渡のむすめの、かわりはてたすがたであった。つやつやとゆたかであった黒かみも、いまはみだれて、白い、ろうのような顔にふりかかっていた。

若者は、たましいがぬけたようになって家へもどったが、その夜おそく、海へ身をなげてしまったと。
村人たちは、ふたりを明神さまのちかくに手あつくほうむり、塚をたてた。
だれが名をつけたのか、その塚は、いつとはなしに<人魚塚>とよばれるようになった。

とおく佐渡ヶ島の見える雁子浜の丘に、人魚塚は、いまもひっそりと立っている。

以上

悲しい伝説ですが、佐渡からたらい舟にのってくるなんて凄いですね。恋は一途、ありうる話かも。
スポンサーサイト
別窓 | レジャー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

海水浴 わん宿② 海の幸

L1100018 (470x275)
海の宿は、鮮魚の御造りなど沢山出て、嬉しいです。
キャロは、観てるだけですが同席できました。
L1100010 (470x470)
いろんな海の幸が出ました。
L1100017 (470x314)
カニが出ると、みんな黙黙と食べる日本人です。
L1100022 (470x360)
L1100032 (470x353)
L1100052 (470x353)
L1100063 (470x439)
意外に、キャロはカニお嫌いなようです。
別窓 | レジャー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

海水浴 わん宿① 鵜の浜海岸海日和

L1090981 (470x383)
新潟の海に来ました。
キャロは、旅館でお留守番です。
メインの海水浴区域は、さすがにワンコ禁止です。
この旅館は、わん宿というだけあって、ワンコOKです。
L1090955 (470x314)
次女クーと、そのお友達メグを連れてきました。
クーは、幼少時この海岸で迷子になって、もうどこへ行ったかと思ったら、カップルの真ん中で手をつないでもらって、意気揚々歩いてきました。やはりマイペースです。
L1090959 (470x314)
私は、缶チューハイでも飲んで、のんびりと、、、。
L1090987 (470x437)
暑いときは、かき氷に限ります。
これは、白くま苺。
L1090991 (470x411)
キャロの分はちょっと残してあげます。
別窓 | レジャー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| いきいきいきよう! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。